スポーツカー専業からの脱出

ポルシェのは当初、あまり搭乗人数が多くないスポーツカーを専門的に設計していました。しかし、これからを考えるとそれではダメだと判断したのです。デザインの評価は高く、ファンも多かったのですが、乗用車には向かないことがネックでした。レースなどの限られたところだけで展開していくのは、難しいと判断したのです。

 

その頃人気があったのがSUVでしたので、そちらにシフトしました。そして、これに賛同したフォルクスワーゲンとの同盟開発で、5ドアのカイエンが生み出されました。これはかなりの支持を得ることが出来ました。その後も、パナメーラを発売していきます。創設からの二人乗り以下というスタイルを捨て、更なる探求によって大きな利益を生み出したのは凄いことだと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。