日本のポルシェ販売について

a1180_005645

 

ポルシェは元々外国車ですが、日本でも結構見かけると思いませんか。その点を踏まえて、簡単に説明していきます。

 

初めてお目見えしたのは、1952年のことでした。その頃は、勿論誰も知らない無名のメーカーものでした。しかし、その後ミツワ自動車が輸入総代理人となったことで、人気が出るのです。ただ、元々高級スポーツカーですので、値段が1000万を超えることが多く、手を出す人はほんの僅かでした。

 

その為、910万まで値を下げるなどして、ユーザーを増やすことに成功したのです。1997年末には、ポルシェジャパン株式会社が設立されました。これまでに変わって、こちらが輸入を取り仕切ることとなります。ミツワとしては横取りをされた形となり、ディーラーとして再出発を余儀なくされました。現在は、アメリカに次ぐ第2の市場として定着しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。