生産拠点

ポルシェは、生産拠点をいくつか持っています。それを説明していきましょう。

 
まずは、ヴァイザッハ研究所です。これはその名の通り、様々なシステムの研究を行っているところです。新車の開発や、旧式の自動車の改良などに着手しています。また、時々ですがレース用のも行っています。テストコースも3つあります。

 

次に、ライプツィヒ工場です。ここは旧東ドイツ地区にあります。広大な敷地でカイエンやパナメーラなどの生産をしています。カレラGTもここから生み出されることが多いです。ほかには、ツッフェンハウゼン工場があります。シュトゥットガルト本社の隣を借りています。ポルシェ356が出荷されたところで、多くの施設があります。

 

そして、最後はグミュント工場ですが、これは現在は存在しません。ポルシェメーカーのスタートラインと言っても良い場所で、試作2台と量産50台を造ってきました。これ以外にもまだあるのですが、主なところはこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。